車種別改造情報・カスタムパーツ.com

各社の車種別改造情報とカスタムパーツ・ドレスアップ関連のご紹介をさせて頂いております。車種別専用ページを設けておりますので、ご覧になりたい車種名をクリックしてください。カスタムのことなら当サイトにお任せあれ!

ダッジ チャージャー改造

このサイトでは、チャージャーの改造・チャージャー()用改造パーツ・ドレスアップに関して、ご紹介していきます。
チャージャー()のエアロパーツ等の外装カスタムから社外マフラーと言ったカスタムネタから、燃費改造の小ネタまで、チャージャーに関する記事をご紹介しています。
チャージャーは想像以上に、社外品パーツが多いので、意外にカスタムもドレスアップも楽しめる一台となっています。
各社のパーツをリアルタイムで更新される形でまとめていますので、参考になれば幸いです。チャージャー用のカスタムパーツをカテゴリーごとにまとめてご紹介していきます。


スポンサーリンク

チャージャー用エアロパーツ()

チャージャーの外装カスタム・ドレスアップ
まず、チャージャーを改造するにあたって、ドレスアップにおいて外せない部分であるチャージャー用エアロパーツのリストから。
チャージャー用のエアロパーツをリスト化してご紹介していきます。
まず、チャージャー用のエアロパーツを開発・販売しているメーカーは、下記になります。

私が把握している限りでもこれだけのパーツメーカーからチャージャー用のエアロパーツが発売されています。
かなりのラインアップがあるチャージャー用のエアロパーツですが、
リアルタイム更新されるチャージャー用のエアロパーツリスト作りましたので、
↓をチェックしてみてください。
チャージャー用エアロパーツ一覧 楽天市場

【中古】チャージャー用エアロパーツ一覧

チャージャー用マフラーリスト()

チャージャー用のマフラーに関して
系チャージャー用のマフラーをピックアップしてみると、

などなど様々な改造パーツメーカーからチャージャー用のマフラーが発売されています。

楽天市場のデータを使用して、リアルタイムで更新されるチャージャー用マフラー一覧の更新プログラムを作成しました。
チャージャー用マフラーの新発売がされた場合、更新されますので、チェックしてみてください。
チャージャー用マフラーリスト・排気音(マフラー音)試聴 楽天市場

【中古】チャージャー用マフラーリスト

チャージャー用アルミホイール

チャージャー適合のアルミホイール
チャージャー適合のアルミホイールを画像つきのリストでご紹介しています。
通販などでのご購入にあたっては、サイジング・リム幅・PCD・オフセットなど誤発注の無いようご注意ください。
必ず、適合を確認するようにしましょう!
チャージャー用アルミホイール画像リスト 楽天市場

チャージャー用純正オプションアルミホイール一覧

【中古】チャージャー用アルミホイール一覧

チャージャーの内装カスタム

チャージャー専用の内装カスタム・インテリアパーツ
インテリアのカスタムに関していうと、車の改造をされる方の多くの悩みですよね。
アフターマーケットの車種別既製品の数の少なさが問題です。
チャージャーに限らず、どのメーカーのどの車でもインテリアパーツには苦労します。
インテリアのカスタムで言うと、自作・DIYなどで行われる方が多いですね。
車種別の専用設計をしなければならないので、コストが高くなってしまうせいか、
カスタムパーツメーカー各社もインテリアパーツに関しては、高めの値段設定がされている感じを受けます。
そんな数少ないインテリアパーツメーカーさんの中でも自社設計・開発されているメーカーさんがありますので、
ここで一つご紹介したいと思います。
木目調のインテリアパネル各色なども発売されていますし、
スマートキーのドレスアップパネルなども発売されています。
セカンドステージ楽天市場店

インポートカー用のインテリアパーツは、こちらが人気です。
Individual楽天市場店

チャージャー()の燃費と燃費向上・改善のコツ

1966年に登場して以来3代目となる今回のチャージャーは4ドアセダンとして発表されました。現在のエンジンは6.1L V8エンジンOHVとなっています。6.1Lのエンジンから発揮するパワーは431馬力です。車両重量は1.9tもありハイパワーかつヘビークラスの車です。燃費は意外にも街乗りで6.5~8キロ/Lとこのクラスにしては燃費は良いです。高速道路走行時は約11キロ/Lと驚きの数値です。

燃費を向上させるコツとしては、電子制御式の燃料噴射装置(フューエルインジェクション)を採用しているAT車の場合、フットブレーキを使うよりもエンジンブレーキを使うほうが燃費が向上すると言われています。
この原理は、アイドリング時(走行中にアクセルを離している状態も含む)はアイドリング回転数を保つだけの燃料を噴射します。
しかし、エンジンブレーキを掛けている最中は、燃料噴射をストップします。
つまり、かなり微量ではありますが、エンジンブレーキが燃費向上に貢献するという訳ですね。

楽天レビューで高評価を獲得している燃費向上グッズ。
そのお値段なんと、880円!

楽天レビューページ
http://review.rakuten.co.jp/item/1/228781_10000080/1.1/

ちょっと楽天レビューの口コミをチェックしてみたんですけど、結構、燃費改善効果を体感されている方が多いのに驚きました。

チャージャーのヘッドライト・フォグランプをLED化!?

最近では、アフターパーツマーケットでも、汎用のヘッドライトLED化キットやフォグランプのLED化キットなどが発売されています。
HIDよりも高効率と言われ、注目を集めています。
ただし、2013年末に発売されているLED化キットの光量は、ハロゲン以上HID未満といった所のようです。消費電力は、HIDよりも省電力な設定の23W程度。
LED化に興味ある方は、チェックしてみてください!(各バルブ形式に対応しています。)
しかも価格がビックリするほど安い!

バルブ形式別ヘッドライトLED化キット 楽天市場

チャージャーのバラし方について

最後に、チャージャーのバラし方に関して、動画に丁寧に解説されているDVDがありますので、ご紹介してみますね。
下記URLに行って頂くと、サンプルの動画もありますので、ご自身でのパーツ交換などに挑戦してみたい方は、チェックしてみてください。

チャージャーのバラし方・分解 解説DVD 楽天市場

チャージャーについて

ダッジチャージャーは1960年代に初代が登場しました。まさに70年代のアメリカを代表するマッスルカーとして人気をえていました。マッスルカーだけあって6.9L V8エンジンで430ps叩きだすなど当時としてかなりのハイパワーと言った所です。2代目は80年代初めに登場しましたが、ダッジオムニからの変更でチャージャーとなりましたが3ドアハッチバックと言う形状で初代のアメリカン的要素がまるでなくなり、エンジンも直4SOHC 2.2Lとかなりのスペックダウン。マッスルカーのイメージのかけらはなくなり、パワーも107PSと普通車並みとなってしまいました。駆動方式もFRからFFへ変更されました。チャージャーの名はここで一回途切れますが2005年に4ドアセダンで復活します。外観はかなりゴツイ感じですが、アメリカの象徴の強さを感じさせます。エンジンもV8エンジン 6.1Lで431PSへ変更となり初代チャージャーの復活を思い起こさせる車となっています。駆動方式もFRに変更されています。

Sponsor Link

Sponsor Link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加